金刀比羅宮の紅葉祭と紅葉


紅葉祭

紅葉祭(11月10日)

讃岐路に秋の訪れをつげる雅な祭です。

この祭典は、美しい秋の訪れを大神様に報告し、国の隆昌と世界中の人々の幸せを祈願する当宮独特の特殊神事です。

午前9時30分、紅葉の太玉串(ふとたまぐし)を先頭に、紅葉で飾られた神饌や調度品・巫女・讃岐風俗舞舞人・伶人・神職が大門から御本宮へ向けて参進します。行列が御本宮に到着すると、神饌を大神様にお供えします。

そして、斎主の祝詞奏上の後、男舞「讃岐風俗舞」・女舞「八少女舞」が奏進されます。

以上 画像本文とも 出典金刀比羅宮公式サイト

紅葉 イメージ

金刀比羅宮の紅葉について

例年、実際の紅葉は、裏参道、表参道ともに11月中旬から色づき始め、11月下旬に見ごろを迎えます。
参道のあちこちにカエデがあり、表参道の石畳や石段とカエデの組み合わせも趣があり、また裏参道の山道のカエデも壮大で見応えがあります。

こんぴらうどん参道店は表参道へ便利、工場店は裏参道に便利、どちらも紅葉狩りの際もご利用いただけます。
当店ご利用の方、もちろん駐車場無料です。